×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

速記技能検定試験要領

ホームへ

区切り線

1.受験申し込み手続
2.受験会場と時間
3.各級の要領
4.受験に当たって
5.機器使用反訳受験要領
6.試験方法
7.採点基準
8.成績優秀者選考基準
9.合否通知
10.試験会場風景
問い合わせ先

区切り線

 速記技能検定試験は、2006年の5月検定より、文部科学省認定から文部科学省後援の形になりました。
 検定試験そのものは、従来どおり(社)日本速記協会が主催する形で実施されます。
 また、従来、1級のみが文部科学大臣賞の対象であったのが3級から1級までと拡大した以外、申し込み手続や要領等、内容的には変わりありません。

*下記のことについては、変更されているかもわかりませんし、また今後変更するかもしれませんので、正確な情報は「日本速記協会」へお問い合わせください。

区切り線

1.受験申し込み手続
・速記技能検定試験は毎年1・5・8・11月の最終日曜日に実施されます。
・日本速記協会へ速記技能検定試験志願票・受験票を取り寄せます。その際、御自分の住所・氏名・希望枚数を書いて80円切手を同封します。
速記技能検定試験受験票・志願票は、赤い太枠内に必要事項を記入し、受験票の表には50円切手を張り付け、合否通知用の80円切手も同封の上、日本速記協会あて郵送します。1〜3級受験者は写真も張ります。
・受験料を郵便局の現金書留で送金する場合、受験票・志願票も同封します。また、郵便局の払込取扱票で送金する場合は、志願票の領収欄に「振替」と記入の上、別便で受験票・志願票を郵送します。
 なお、払込取扱票の口座番号等は協会に問い合わせてください。
・試験数日前までに、協会より受験番号・試験場案内等を記入した受験票が返送されてきます。
・各試験月における試験地、受付期間は、次のとおりです。
試験月 試   験   地 受付期間
1月 東京・大阪 12月1日〜1月10日
5月 札幌・盛岡・東京・名古屋・大阪・福岡 4月1日〜5月10日
8月 秋田・東京・長岡・静岡・名古屋・大阪 7月1日〜8月10日
11月 仙台・東京・長岡・名古屋・大阪・福岡・鹿児島 10月1日〜11月10日
*このほか、分試験場でも開催されることがあります。
*変更されることもありますので、その都度確認してください。(H24.12)
↑一覧へ

2.受験会場と時間
・複数試験場の東京・大阪・京都・神戸では、1日に異なる2つの級を受験することができます。
・各級の受付開始時間、試験開始時間は、次のとおりです。
6級 5級 4級 3級 2級 1級
受付開始時間 12:00〜12:40 12:00〜12:40 12:00〜12:40 12:00〜12:40 12:00〜12:40 12:00〜12:40
試験開始時間 13:00 13:00 13:00 13:00 13:00 13:00
複数試験場
受付開始時間
12:55〜13:25 10:45〜11:15 12:55〜13:25 10:45〜11:15 12:55〜13:25 12:55〜13:25
複数試験場
試験開始時間
13:40 11:30 13:40 11:30 13:40 13:40
受験料 1200円 1500円 2000円 3000円 4000円 5000円
↑一覧へ

3.各級の要領
・各級の速度・朗読時間・総字数・反訳時間・反訳倍数・正確度・許容失点は、次のとおりです。
6級 5級 4級 3級 2級 1級
分速 80字 120字 180字 240字 280字 320字
朗読時間 5分 5分 5分 5分 10分 10分
総字数 400字 600字 900字 1200字 2800字 3200字
反訳時間 60分 60分 60分 60分 130分 130分
反訳倍数 12倍 12倍 12倍 12倍 13倍 13倍
正確度 96% 96% 97% 97% 98% 98%
許容失点 16字 24字 27字 36字 56字 64字
*許容失点とは、合格範囲のミス字数です。6級を例にとると、ミスが16字以内の場合、合格となります。
↑一覧へ

4.受験に当たって
(1)一たん納入された受験料は、理由のいかんにかかわらず返却されません。
(2)原文帳・筆記用具は各自持参ですが、反訳原稿は協会より支給されます。
(3)受験票を忘れたり、なくした場合、身分証明書等により本人であることを確認され、その場で同様式のものを書き、答案に添えて提出することになります。
(4)当日の申し込みは、空席があるとき受け付けています。その際、当日申込料金を徴収することがあります。(*東京会場では500円)
(5)受験級の変更は、原則として認められていません。ただし、下級への変更は、空席があるときに限り許可されることがあります。この場合、受験料の払い戻しはありません。なお、下級より上級への変更はできません。
(6)遅刻者に対する追試験は行っていません。
(7)ソクタイプの受験者は、部屋の後方、少し離れた席に座ることになります。
(8)音声再生中、反訳中を問わず、録音機の使用は認められていません。持参した録音機は、試験終了まで一定場所に回収保管されます。
(9)途中で棄権する場合、答案の1枚目に「棄権」と書いて受験票と一緒に提出し、許可を得て退室することができます。
↑一覧へ

5.機器使用反訳受験要領
 4〜6級試験の反訳において、携帯用ワープロ、パソコン等の使用が認められます。
(1)志願者は、受験票・志願票のぞれぞれ上部余白に「機器使用反訳希望」と書き込みます。
(2)機器の使用は、事前申し込みに限られます。
(3)携帯用ワープロ、パソコン等の機器は、受験者が持参します。
(4)印刷時に使用するインクリボンは、受験者が用意します。また、感熱紙等で印刷を希望する場合、その用紙は受験者が用意します。
(5)受験者は、受付終了後、機器使用反訳室の所定の席に機器を設置して、その後、教室の所定の席に着席することになります。
(6)音声再生終了後、受験者は機器使用反訳室に移動し、反訳を行います。
(7)反訳時間は60分になっていますが、この反訳時間には機器使用反訳室への移動、プリンタでの印刷時間も含まれます。
(8)答案は、縦書きとなります。
(9)反訳用紙は、答案表紙と所定の用紙をクリップで挟んだものとします。受験者は、この用紙に印刷した原稿を提出します。また、感熱紙等を使用する場合、受験者は答案表紙と印刷した原稿をクリップで挟んで提出します。
(10)印刷した原稿に手書きで書き込み修正をしても構いません。
(11)機器の故障等が起きたときは、受験者本人が対処しなければなりません。
↑一覧へ

6.試験方法
(1)検定委員である検定医院が試験開始前に入室します。
(2)本番開始直前に、1分間の空読みを行います。この空読み文は反訳しませんので、速記してもしなくても、どちらでも結構です。
(3)その後すぐ、本番の音声再生が始まります。
(4)音声再生が終わると、すぐに反訳に取りかかります。
(5)反訳終了後、受験票と反訳原稿を提出します。速記原文は提出する必要がありません。
 なお、東京の4〜6級受験者は、持参の機器による反訳もできます。
 「速記検定に挑戦!」の「試験の流れ」にも試験方法について掲載していますので、参考にしてください。
↑一覧へ

7.採点基準
採点基準は、次のとおりです。
速記技能検定試験実施規則
第11条 検定試験の採点は、次の基準による。
(1)誤字、脱字、冗字、判読不明瞭字、同音異字等は、原則として1字1失点とする。
(2)誤訳、脱訳、未訳は、訂正した字数によって失点数を計算する。
(3)送り仮名の送り方、仮名、漢字いずれにも書く社会的慣用のあるもの及び字体の新旧については失点としない。
(4)仮名遣いは、現代仮名遣いによる。
*昭和63年2月2日から実施。
↑一覧へ

8.成績優秀者選考基準
・成績優秀者には、文部科学省より文部科学大臣賞、日本速記協会より協会最優秀賞・協会優秀賞・協会特別賞・協会奨励賞が授与されます。
・成績優秀者の決定は、審査委員会の審査を経て、理事会において決定されます。
・表彰式は、3月ごろ、東京において行われます。
・成績優秀者の「選考基準」は、次のとおりです。
選  考  基  準
賞 名 選  考  要  件
文部科学大臣賞 1.各年度の技能検定1級から3級において、下記の失点基準を満たす者の中から、失点数、ミスの性質、改行、句読点の使い方等、答案の内容を総合的に判断して、各級2名以内を表彰する。
2.失点は、1級は0.5%(16字)以内、2級は0.5%(14字)以内、3級は0.4%(5字)以内であること。
3.文部科学大臣賞または協会優秀賞をかつて同級以上の級で受賞した者を除く。
4.各年度において、文部科学大臣賞受章者を2名以上出した団体。
協会最優秀賞 1.各回技能検定1級から3級それぞれにおいて、下記の失点基準を満たす者のうち、最も失点が少ないこと。(文部科学大臣賞候補者を除く)。
2.各年度の技能検定1級から3級それぞれにおいて、文部科学大臣賞の候補に挙げられた者のうち、最終的に同賞の選考に漏れた者。
3.失点は、1%(1級32字、2級28字、3級12字)以内であること。
4.句読点、改行等の表記法がおおむね適切であること。
5.文部科学大臣賞または協会最優秀賞をかつて同級以上で受賞した者を除く。
協会優秀賞 1.各回技能検定において、1級から5級は上位7名程度、6級は上位5名程度とする。
2.失点は、1級から5級は約1.5%(1級48字、2級42字、3級18字、4級13字、5級9字)以内、6級は無失点であること。
3.句読点、改行の全くないものは選考対象としない。
4.文部科学大臣賞または協会最優秀賞をかつて同級以上で受賞した者を除く。
協会特別賞  審査委員会で特に表彰すべきと認めた者並びに特別優秀な合格者を出した団体。
協会奨励賞  満14歳以下または満65歳以上の合格者。
*平成25年12月14日理事会改正。日本速記協会発行「日本の速記」(2014.1月号)による。
↑一覧へ

9.合否通知
・試験後1カ月ぐらいで、日本速記協会より合格・不合格の通知が郵送されます。
・1級合格者は「1級速記士」、2級合格者は「2級速記士」と認定され、申請に応じて協会より「1級速記士証」「2級速記士証」が交付(有料)されます。
↑一覧へ

10.試験会場風景
・下記の風景は、平成18年1月に実施された速記技能検定試験の大阪会場での風景です。
 大阪会場は、最近、「城北市民学習センター」(大阪市旭区高殿6丁目14番6号)で実施されています。
試験会場風景-受付 試験会場風景-部屋のドア
試験会場に入ると、まず、受付へ行きましょう。 各部屋のドアに受験級の紙が張っていますので、受験される級の部屋に入りましょう。
試験会場風景-部屋内
部屋の中です。
黒板に、机の配置図、そして受験番号も書いていますので、自分の受験番号を確認して座りましょう。
↑一覧へ

*詳しいことは、日本速記協会へ直接お問い合わせください。
〒102−0083 東京都千代田区麹町4−8−26
               ロイクラトン麹町3階
            社団法人日本速記協会
TEL 03−3556−9559
FAX 03−6268−9549

トップへ  ホームへ