×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【H16.10】
Q43 速記の仕事/国会速記者の情報
Q44 グローバルな速記の仕事
Q45 速記者の将来の仕事

【H16.12】
Q46 話す速度と速記

区切り線


Q43 速記の仕事/国会速記者の情報
 今17歳で、そろそろ大学とその先何になりたいかとか決める時期です。
 それで、速記での仕事って何かありますか?
 また、国会の速記者というのは知っているんですが、検索で詳しいことがわかるところなどを教えてください。
 [H16.10]

A43 速記の仕事/国会速記者の情報(タッチ)
 ユーさんのHPにある「興味ある人からの質問集」ページに、お問い合わせの件が載っているかと思いますんで、まずはここを見てくださいね。
 それから、さっき衆議院HPの採用案内を見たら、「養成所学生募集中止について」というお知らせがありました。内容は、
 「平成17年度募集に関し、既に本年5月末より当ホームページにおいて御案内してきたところですが、平成16年10月20日、衆議院速記者養成所学生募集は中止することになりました。 本養成所受験に向け準備を進めてきた皆様には大変御迷惑をおかけいたしますが、何とぞ御理解のほどお願いいたします。 なお、既に入手の関係書類に関しては、廃棄していただくようお願いいたします。」
というもので、参議院は既に募集を停止しており、衆議院の追随は思ったより早かったなあと驚き、また大変残念に思っているところです。
 「衆議院」http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index.htm
[追加]  きのう(H16.10.23)複数の国会速記者から聞きましたが、中止は当面「平成17年度の募集」についてだけのようで、18年度以降がどうかはまだわかりません。
↑一覧へ


Q44 グローバルな速記の仕事
 私は、速記士かつグローバルな仕事に興味があります。
 速記士(英文速記ではなく)の仕事として、国際会議(at日本or海外)や海外取材などでの活躍の場はあるのでしょうか?
 また、このような仕事をされた方がいらっしゃいましたら体験談をお聞かせ願います。
 [H16.10]

A44 グローバルな速記の仕事
 ○○○さんが夢に描いておられる場で○○○さんの能力を最大限に発揮して活躍するには、日本語の速記士であり、英語の速記士であり、日本語と英語の同時通訳のできる人、ではないかと思います。
そういう人間になることを目指して勉強されたらいかがでしょうか。

A44 グローバルな速記の仕事(ユー)
 日本語速記を活用したグローバルな仕事ということですか。
 速記に主眼を置けば、速記会社への勤務ということになりますが、速記会社は日本に数社しかないというわけではないですし、国際会議等の依頼をどれだけ受けているか、私にはわかりません。
 また逆に国際会議等に主眼を置けば、そういう会議を催す会社へ入社するということも考えられるのではないでしょうか。そこで記録作成する部門があれば、速記士が活躍できます。
↑一覧へ


Q45 速記者の将来の仕事
 私は今15歳で、近い将来速記を学習して速記者になろうと思ってます。でも養成所で募集停止とかなっているし、なんか、なるのも大変そうな感じがします。それに今なんか声を録音する機会の登場?で、速記いらないーみたいに書いてるサイトもあるので、なれるか心配です・・・。
 ですから、将来速記者になってもちゃんと生活していけるぐらい仕事があるのか教えて欲しいのですが。活躍できますか?
 [H16.10]

A45 速記者の将来の仕事
 ○○さん、安心してください。
 一人前の速記者になれば、ちゃんとした収入は得られます。そうだからいま速記会社で多くの人が速記者として働いているのです。
 でも、まだ15歳ですから、いまは優秀な速記者になるための準備期間として符号やタイピングなどの練習よりも、国語力や学校のいろんな科目の勉強に全力を入れる方がいいのではないかと思います。速記者には幅広い教養が要求されます。
 それから、一つの道としては、たとえば、医学部を出て医師にはならずに在学中に速記を勉強しておいて医学関係に強い速記者になる、というのもよいと思います。  もっとも、その場合、医学に限らず、英語でもよいし、物理でも福祉でも経済でも法律でも何でもよいわけですが、これからの速記者は、文章作成能力や幅広い教養の他に、何か、専門分野を持つとよいと思います。
そういう「貴重な存在」になれるように努力をしてみられたらどうでしょうか。
[追加]
 ○○さん、高校を卒業されてから、速記士になるために速記の専門学校へ行くコースがありますし、あるいは、そうでなくて、短大や大学で専門的な勉強をしながら、速記はクラブ活動や通信教育で学ぶという方法もあります。
 通信の場合は、各地に何式の人でも共同練習ができる共練会というのがあり、同じ志を持つ人どうしが励まし合って練習を積むこともできます。
 そのときになれば、また、この掲示板に相談を掛けられたら、最寄りの共練会を紹介してもらえるのではないでしょうか。
↑一覧へ


Q46 話す速度と速記
 最近、人の話す速度が恐ろしく速くて「本当にこんなの速記できるのか?」とか思っています。それ以前に、言葉に反応出来るんだろうかという不安と恐怖につぶされそうです。
 [H16.12]

A46 話す速度と速記(ユー)
 本当に話すのが速くなりましたね。
 逆に言えば、だからこそ速記が有用とも言えます。普通文字でメモをしようとしても至難の業でしょうから。
 検定試験1級に合格していれば、誰でもどんな速度でも書けるというわけではありません。人によって、1級の速度ぎりぎりしか書けない人、まだまだ余裕のある人と、それぞれです。
 また、人間は機械じゃないので、どんな速度でも自動的に淡々と書いていけるというわけでもありません。速度的に追いつかず書けない人、言葉がとらえ切れずにに書けない人などもいます。
 余りそんな不安と恐怖を持たず、今はしっかりと練習に励むのがよいでしょう。
↑一覧へ

もとへ ホームヘ